「新品種の金魚」金魚館で展示 いわき・アクアマリンふくしま

 
新品種の金魚「パールブリストル」

 アクアマリンふくしまは、新品種の金魚「パールブリストル」を作り出した。いわき市小名浜の同館の施設「金魚館」で展示されており、注目を集めている。

 新品種はハート形の尾びれと光沢のある体表が特徴。2017(平成29)年からハート形の尾びれがある「ブリストル朱文金」と、真珠のような輝きのパールのうろこを持つ「ピンポンパール」を交配させてきた。19年春に両方の特徴を持つ個体が誕生し、その後も繁殖に成功した。

 会場には全長8センチほどの新種5匹が展示され、優雅に泳いでいる。改良に携わった同館の森俊彰さん(36)は「皆さんの癒やしになってほしい。今後も尾びれがきれいに大きくなるよう改良を続けたい」と話した。