福島県、新たに「13人」感染確認 新型コロナ、男女4人が死亡

 

 県は3日、新型コロナウイルスに感染して治療を受けていた80歳以上の男女4人が死亡したと発表した。死亡は計50人。新たに13人の感染も確認し、県内の感染確認は計1750人となった。

 死亡したのは80代の男性1人と90歳以上の女性3人で、1月31日までに亡くなった。このうち3人は同じ高齢者施設の入所者で、搬送に伴う健康状態の悪化などのリスクを考慮し、医師が常駐して治療に当たっていた。残る1人は医療機関で治療を受けていた。

 県は、2日までに14人が退院し、6人が宿泊療養施設を退所、1人の自宅療養を解除したとも発表。入院者(予定含む)は198人で病床使用率は42.2%。重症者は12人で重症者用病床の使用率は28.6%といずれもステージ3(感染者の急増)の指標を上回っている。12人が宿泊療養中。自宅療養者はゼロとなった。