福島県、1月死者数・27人に修正 新型コロナ、外出自粛継続を

 

 県は3日、新型コロナウイルスの1月の死者数を24人から27人に修正したと発表した。1人を昨年12月分に加えたほか、1月に4人が死亡していたことを明らかにした。

 県によると、これまでの死者は50人で、48人が70歳以上だった。県は、高齢者の重症化リスクが高いことを踏まえ「高齢者に感染させない取り組みが求められる」として不要不急の外出自粛の継続を呼び掛けた。

 県が3日発表した新たな感染者13人のうち1人はクラスター(感染者集団)化した南会津町の特別養護老人ホーム「田島ホーム」の利用者で、クラスターは計69人に拡大した。市町村別の内訳をみると、郡山市、南会津町が各4人、いわき市が2人、会津若松市、田村市、金山町が各1人。うち6人の感染経路が不明で、金山町での感染確認は初めて。