「フルーツインライフ」3月2日オープン!東京ミッドタウン内

 

 青木フルーツホールディングス(HD、郡山市)が東京都港区の東京ミッドタウン内に出店する新業態の店舗「フルーツインライフ」は3月2日にオープンする。新たな食習慣として「フルーツ食」を提案し、食事に果物を取り入れたメニューなどを提供する。

 厚生労働省と農林水産省が推進する果物摂取量「1日200グラム」をワンドリンク、ワンプレートで食べられるメニューを設ける。熱を加えずに果汁を搾ることで、熱に弱い酵素やビタミンを失わずに摂取できる「コールドプレスジュース」をはじめ、全粒粉のフォカッチャを使った「アボカドトースト」や果物と野菜をライスペーパーでくるんだ「サラダバトン」などを提供する。

 同店は常設1号店。同HDは今後おおむね5年間に、都心部などで10店舗程度を展開する方針。