車横転事故、2人を「人命救助」 折橋さん、坂上さんに感謝状

 
大高署長(左)から感謝状を受けた坂上さん(中央)と折橋さん

 白河署は1日、白河市で1月に発生した交通事故で人命救助を行ったとして白河高1年の折橋晴さんと同市の会社役員坂上真也さんに署長感謝状を贈った。

 事故は、1月25日午前8時ごろ、同市の国道294号で発生。軽乗用車が凍結した路面によりスリップし横転、車内に7歳の女児と30代女性が閉じ込められた。

 登校中だった折橋さんはクラクションの音で事故に気付き、横転した車の扉を開け女児を救出。近くを通り掛かった坂上さんも協力し、女性も車内から助け出した。2人にけがはなかった。

 表彰式は1日、同署で行われ、大高新一署長が感謝状を手渡し「積極的に人命を助けていただいた。勇気ある行動に感謝する」と謝辞を述べた。折橋さんは「最初、自分しか助ける人がいなくて怖かった。これからも困っている人がいたら助けることができる人になりたい」、坂上さんは「当たり前のことをした。これからも見て見ぬふりをしない生き方をしていきたい」と語った。