福島県内、病床使用率30%下回る 新型コロナ、1人死亡3人感染

 

 県は7日、新型コロナウイルスに感染して県内の医療機関に入院していた90歳以上の女性が死亡したと発表した。死亡は計56人。新たな感染確認は3人で、6日に陽性が判明し、計1778人となった。医療の逼迫(ひっぱく)度合いを示す病床使用率は29.6%で、昨年12月18日以来、50日ぶりに30%を下回った。

 90歳以上の女性は6日に死亡した。陽性が判明した3人は本宮市の30代女性、田村市の60代の男女で、いずれも県内陽性者の濃厚接触者。1日当たりの新規感染者が5人を下回ったのは1日以来5日ぶり。

 6日までに15人が退院し、入院者(予定を含む)は139人で、469床ある病床の使用率29.6%は前日から2.8ポイント減少した。県は、ここ数日、安定して推移している一方、今後も注視が必要として県民に感染防止対策の徹底を訴える。このほか1人が宿泊療養施設に入所し、入所者は計8人となった。重症は11人。