「野生のサルがいる」いわきで連日の目撃 けが人や被害の情報なし

 

 住宅地で6日に野生のサルが見つかったいわき市平下平窪から数百メートル離れた同市好間町などで7日、「サルがいる」と110番通報が再び相次いだ。市によると、サルは6日に目撃されたニホンザルと同じサルとみられる。市職員やいわき中央署員が住宅地などでサル1匹を発見、山に返そうと試みたが逃走し、再び行方を見失った。

 市によると、けが人や農作物の被害の情報はないという。目撃情報があったのは同市の好間、平両地区。サルを発見した市職員らは、棒などで音を立てて山に返そうとしたが、サルは住宅地の裏山に逃げ去った。サルは体長約1メートルの雄。

 屋外の生ごみ撤去を

 市は、屋外に生ごみやペットフードなどを放置するとサルが居つく可能性があるため撤去を求め、サルを目撃した場合は、目を合わせず距離を置くよう呼び掛けている。目撃情報は市環境企画課(電話0246・22・7441)へ。