なりすまし920万円被害 郡山の80代女性、カード4枚渡す

 

 8日午後、郡山市の80代会社役員女性から、郡山署員を名乗る男の話を信じ、キャッシュカード4枚を渡したなどと同署に通報があった。女性の口座からは現金計約920万円が引き出されており、同署は「なりすまし詐欺」事件とみて調べている。

 同署によると、4日午前11時30分ごろ、女性方に郡山署員を名乗る男から「銀行員が悪いことをして、あなたの口座に50万円が2回入金されている。これから警察官が行くので、キャッシュカードや通帳を見せてほしい」と電話があった。

 約1時間後、警察官になりすました男が女性方を訪れ、「急いで次の現場に行かなければならない」などとせかして女性からキャッシュカード4枚を受け取った。男は「9日に警察署に来ればカードを返す」と言って立ち去ったという。

 女性が8日、同署に電話で確認し、被害が判明した。