オードリー・タンさんとの対談前に台湾文化学ぶ オンライン勉強会

 
台湾文化や唐さんについて発表する事務局の福島大生ら

 東日本大震災から10年に合わせ、台湾のデジタル担当相を務める唐鳳(オードリー・タン)さん(39)との対談に臨む学生ら約80人が12日、唐さんや台湾文化について事前に学ぶ勉強会にオンラインで臨んだ。

 唐さんとの対談は22日にオンラインで開かれ、3月11日に動画投稿サイトのユーチューブで公開される。

 この日の事前勉強会では、イベントを主催する実行委員会の福島大生3人が、対談に参加予定の中学生や高校生に唐さんのプロフィルや台湾文化を紹介した。

 福島大生は、「唐さんを知り、伝えるうちにとても広い心を持った人だと感じた。(対談)当日は、広い心を持って新しい発見をしてほしい」と参加予定の学生らに語り掛けた。