鬼伝説のアニメキャラで産業振興 事業者に提供、田村で説明会

 
キャラクターがデザインされた、ふるさと納税返礼品

 田村市は地域の鬼伝説を元にした「オニタムラキャラクター」を活用し、産品の販路拡大や観光誘客、ふるさと納税PRに取り組む。市役所で9日、事業者向けのキャラクター利用説明会を開いた。

 市地域ブランディング事業の一環。市は昨年、企業と連携し、田村地域に伝わる征夷大将軍「坂上田村麻呂」と豪族「大多鬼丸」との戦いを描いたショートアニメを制作。アニメキャラクターのデザインを事業者に無料で提供し、旅行商品や地域産品、ふるさと納税商品開発などを目指す。

 説明会では参加者がキャラクターの取扱規定、デザインの利用マニュアル、申請方法などについて学んだ。

 問い合わせは市観光交流課(電話0247・81・2136)へ。