福島県内JR各線、始発から運転見合わせ 震度6強の地震受け

 

 本県沖を震源に震度6強を観測した地震の影響で東北新幹線や県内のJR各線は14日、始発から運転を見合わせている。

 JR東日本によると、東北新幹線は点検などのため那須塩原―盛岡駅間の上下線で終日運転を見合わせる。運転再開の見込みは立っていないという。

 東北線黒磯―石越駅間、常磐線原ノ町―仙台駅間、奥羽線福島―院内駅間、磐越西線郡山―山都駅間、磐越東線郡山―いわき駅間、只見線会津若松―会津川口駅間、水郡線郡山―常陸大戸駅間は点検などを行った上で、昼過ぎの運転再開を見込んでいる。

 また、磐越西線野沢―喜多方駅間は再開の見込みがたっていない。