15日夕から警報級大雨のおそれ 福島地方気象台が警戒呼び掛け

 

 福島地方気象台は14日、中通りと浜通りで15日夕方から夜遅くに掛けて、警報級の大雨になるおそれがあると発表した。

 福島県沖を震源とする地震で地盤が緩んでいる可能性もあり、土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水への警戒を呼び掛けている。

 県災害対策本部員会議で説明した。14日午後3時現在の情報では、中、浜通りで15日昼過ぎから夕方に掛け1時間に30ミリの激しい雨が予想される。

 15日午後6時までの24時間に予想される降水量は80ミリ。

 また中、浜通りでは15日夕方から16日に掛け暴風となる見込み。

 浜通りでは高波や高潮、会津地方では雪崩や融雪による土砂災害への警戒が必要としている。最新の気象情報はhttps://www.jma.go.jp/jp/warn/