財政や人的支援を強化 内堀知事視察、災害ごみ広域処理調整

 

 内堀雅雄知事は16日、福島県沖で13日深夜に発生した地震で激しい揺れに襲われた相馬市と新地町を訪れた。被災状況について説明を受けた内堀知事は、緊急支援物資の財政負担や職員派遣などの支援を強化する考えを示した。

 両市町では、多くの家屋で屋根瓦が崩落する被害が出ており、被災者に補修用のブルーシートを配布している。内堀知事はこうした物資について「自治体の費用負担にならないよう国と調整している」と述べた。

 新地町では職員の手が足りず被害状況の把握などが進んでいない現状があるといい、内堀知事は技術職職員の派遣を検討する考えを示した。多量の災害ごみの発生が懸念されることから、処理しきれない場合に広域連携での処理を調整する考えも示した。

 内堀知事は相馬市の常磐道や落石被害があった松川浦大橋東側の臨港道路を視察した。相馬市役所で佐藤憲男副市長、新地町役場で大堀武町長と懇談し、被害状況について説明を受けた。

 内堀知事は被災地の復興について、各自治体と連携して被害状況の確認を進める考えを示し「災害査定をした上で災害復旧事業として予算化し、進めていきたい」と話した。