農林水産業の被害見込額は5億1300万円 地震影響の福島県内

 

 本県沖を震源とする地震に伴う県内の農林水産業の被害見込額は、17日午前9時現在、5億1300万円となった。内訳は農地が6200万円で、ため池や道路、水路などの農業用施設が4億5100万円。

 県によると、被害が確認されているのは11市町村の67カ所。地域別では、県北が18カ所7600万円、県中が5カ所1000万円、県南が10カ所8200万円、相双が34カ所3億4500万円となっている。

 このほか県は、あんぽ柿加工施設でのガラス破損や共同選果場の壁のひび割れなどを確認しており、被害額は増えるとみられる。