「エール」ロケ地福島市が準グランプリ ロケーションジャパン大賞

 

 1年間で最も地域を盛り上げた映像作品とその地域を決定する「第11回ロケーションジャパン大賞」が18日に発表され、NHK朝ドラ「エール」とロケ地となった福島市が準グランプリに選ばれた。

 2019年12月1日~20年10月31日に公開、放送された映画・ドラマ・アニメ30作品とロケ地52地域がノミネートされ、6千人の一般アンケートや経済効果などを基にグランプリを選んだ。

 都内で行われた授賞式には、エールの制作統括を務めた土屋勝裕氏が出席した。木幡浩福島市長はリモートで参加し、地域受賞者として「地域が一体になってロケを盛り上げ、町づくりを進めてきた。このノウハウを生かし、次はグランプリを目指したい」とコメントした。

 エールは主人公のモデルとなった作曲家古関裕而の出身地・福島市と、妻金子(きんこ)の出身地・愛知県豊橋市が撮影を支援し、観光振興に取り組んできた。

 賞を主催する地域活性化プランニングロケーションジャパン編集部によると、福島市では朝ドラに合わせてスタンプラリーやラッピングバス、エール展などを展開し、観光消費は推定8億円だった。

 グランプリは映画「浅田家!」とロケ地の津市だった。