三春の歴史を紙芝居に 資料館友の会が「田村氏の盛衰記」披露

 
披露された紙芝居「田村氏の盛衰記」

 三春町歴史民俗資料館友の会は19日、同町の三春交流館まほらで、紙芝居「田村氏の盛衰記」を披露した。

 同会のグループ活動の一環。メンバーが昨年6月から、三春の歴史を調べたり、イラストを描くなどして17枚の紙芝居に仕上げた。三春城を拠点とした田村氏や、三春出身で伊達政宗公の正室「愛姫」の功績などについて紹介している。

 三春をテーマにした第2、3弾の紙芝居の制作も予定している。また、紙芝居は同資料館に保管されており、貸し出し可。グループメンバーは「紙芝居を通して三春の歴史を知ってほしい」と呼び掛けている。問い合わせは同資料館(電話0247・62・5263)へ。