拳銃、複数回発砲か 須賀川殺人事件、37歳男性が頭撃たれ死亡

 

 須賀川市の中古車販売店で22日夜、中古車販売業の男性(37)=鏡石町=が頭から血を流して死亡し、県警は23日、須賀川署に殺人事件として捜査本部を設置した。また、中古車販売店の近隣住民が複数回、拳銃の発砲音のようなものを聞いていたことが23日、関係者への取材で判明。捜査本部は何者かが複数回発砲し、男性を殺害した可能性もあるとみて、調べている。

 捜査本部などによると、22日午後7時すぎ、男性と電話をしていた妻が「夫が倒れたようだ」と同署に通報。同署員が現場に駆け付け、血を流して倒れている男性を発見した。男性は頭付近から血を流していて、消防などが到着した際は意識がなかったという。男性は妻と電話中、ふいに撃たれた可能性がある。

 福島医大で司法解剖した結果、死因は頭を銃で撃たれたことによる脳の損傷だった。

 現場では拳銃や薬きょうなど、凶器とみられるものは発見されておらず、何者かが持ったまま逃走している可能性があり、捜査本部は「警戒を強化する」としている。