全国の「まゆみ」さん絆強める 本宮でオンライン交流イベント

 
1番目の会員登録者となり、高松市長(右)から会員証を受けた真弓さん(左)

 全国の「まゆみ」さんを巻き込んだ本宮市のPR事業「全国まゆみちゃん交流プロジェクト」のキックオフイベントが23日、同市の本宮まゆみ小で行われた。会員証の贈呈式などイベントの様子が全国の会員にユーチューブでライブ配信され、「まゆみ」さんたちが絆を強め、同市と交流を深めていくことを誓った。

 市のイメージキャラクター「まゆみちゃん」にちなみ、氏名に「まゆみ」が入った人を募り、交流人口の拡大につなげる取り組み。市によると、22日までに全国47都道府県や米国、スイスなど海外から計1605人が会員登録している。

 高松義行市長が1番目の会員登録者となった郡山市の真弓翼さん(23)や最年少会員の喜多方市の五十嵐檀(まゆみ)ちゃん(4)ら4人に会員証を手渡した。高松市長は「『まゆみ』さんと本宮が一つになり、さまざまなアイデアや取り組みで世界へ元気を発信したい」とあいさつした。このほか、「全国のまゆみさんと○○がしたい」をテーマにした話し合いなどが行われた。