福島県復興祈り演奏会 独・エッセン市、オンラインで3月13日

 

 ドイツのエッセン市は13日、東日本大震災から丸10年を迎えた本県のさらなる復興を祈念するコンサート「福島の春」をオンライン開催する。現地で活躍する日本人音楽家グループ「ARS MUSICA(アルス ムジカ)」がクラシックの名曲や日本の唱歌を演奏し、次の10年に歩みだした県民の背中を押す。

 同市はドイツ北西部のノルトライン・ウェストファーレン(NRW)州にあり、震災後に郡山市と再生可能エネルギーや医療機器関連産業の振興に関する覚書を結んでいる。NRW州も県と両分野で連携を図るなど関係が深く、震災から10年の節目に、新型コロナウイルス感染症に対応した形で復興祈念コンサートの開催を決めた。

 日本時間の13日午後8時から約2時間を予定。内堀雅雄知事や品川萬里市長がメッセージを寄せる予定。コンサートは動画投稿サイト「ユーチューブ」の該当ページ(https://www.youtube.com/watch?v=waRbmYqo1a0)で視聴できる。