西ノ内病院、重症者受け入れ当面の間停止 クラスター拡大受け

 

 太田西ノ内病院は新型コロナのクラスター拡大を受け、重症者の救急搬送を受け入れる3次救急体制を停止した。

 県によると、重症者は症状に応じて近隣の2次救急医療機関に搬送される。3次救急を担う福島医大(福島市)とも連携して対応する方針。

 新型コロナの院内感染で、3次救急の受け入れを停止するのは県内で初。病院は停止の期間について、当面の間としている。

 病院はすでに入院と外来を停止しているほか、入院や手術が必要な救急患者の受け入れも小児科を除いて制限している。