福島大付小児童、心込めて祈りの歌 11日に福島県追悼式で献唱

 
練習に励む合唱部

 福島大付小の合唱部は、11日に福島市で行われる県の東日本大震災追悼復興祈念式で、犠牲者の追悼と復興への願いを込めた献唱を披露する。震災当時の記憶がない児童がほとんどだが、記憶の継承を誓って、心を込めて歌をささげる。

 「水は光る あの広い海に」「ほら、顔あげて 歩きだそう」。11日の本番に向け、合唱部の4~6年生20人が連日、練習を重ねている。歌うのは「水のうた」「きみの空 きみの虹」の2曲。「水のうた」は流れるようなメロディーが特徴で犠牲者の鎮魂を祈る歌。「きみの空 きみの虹」は前向きな詞の歌で、「どんな逆境にも思い描く理想を忘れない」とのメッセージを歌に込める。

 「震災の記憶がない子どもたちが式に出ることに意味はあるのか」。合唱部顧問教諭の宮川真由香さん(29)は、震災から丸10年の節目ということもあり、悩んだ時期もあった。

 しかし、子どもたちの生き生きとした姿に、自分自身が今まで励まされてきたことに気付いた。「震災の記憶を持たない世代だからこそ、元気に楽しく歌う姿が復興の象徴になってくれるのでは」

 児童には「楽しく歌おう」とシンプルなメッセージを伝えた。「子どもたちにとって式典に出ることが種まきになる。大人になった時、式典や復興の意味を考える思い出になってほしい」

 児童たちの献唱は、本来は昨年の祈念式で予定されていた。しかし、新型コロナの影響で献唱が中止となり、本年度の児童に大役が回ってきた。部長の日下部太陽さん(6年)は「歌いたかった上級生の思いの分まで、一生懸命に歌いたい」と力を込める。