ふくしまプライド便、初の30億円超え オンラインストアで展開

 

 県は11日、オンラインストア大手3社で展開する県産品の販売促進事業「ふくしまプライド便」の本年度売上額が初めて年間30億円を超え、過去最高を更新したと発表した。新型コロナウイルス感染症に伴う巣ごもり需要を狙った追加キャンペーンの効果とみており、県は「少しでも上積みを図って新年度につなげたい」(農産物流通課)としている。集計期間は昨年4月26日~今月6日で、売上額は約30億6600万円。商品の内訳はコメ57.3%、加工食品19.%、飲料8.7%などとなっている。

 ふくしまプライド便は2017(平成29)年度に始まり、売上額は初年度の約15億4000万円から4年目でほぼ倍に達した。事業にはアマゾン、楽天市場、ヤフーショッピングが協力している。