日事連建築賞で奨励賞 ワイナリー店舗、いわきの建築士事務所設計

 
「いわきワイナリーガーデンテラス」

 日本建築士事務所協会連合会主催の本年度の全国コンクール「日事連建築賞」小規模建築部門で、一級建築士事務所ハコプラスデザイン(いわき市、新妻邦仁社長)が設計したワイナリーの販売店舗「いわきワイナリーガーデンテラス」が奨励賞を受けた。

 建物はいわき市好間町に立地し、認定NPO法人みどりの杜福祉会(いわき市)が運営。障害者の雇用創出と地場産ワインによる地域活性化を目指している。

 構造材などオールいわき産の杉材を使ったほか、景色を堪能できて周辺環境に溶け込む建築となっている。

 受賞を受けて、同事務所は「建築主の熱い思いとともに空間を具現化した。敷地の特性を生かした建築と、未来へ向かうNPOの姿勢が高く評価されたことに感謝している」と語った。