桜の聖母短大、135人が誇り胸に「卒業式」 各学科代表に証書

 
卒業証書を受ける山口さん

 桜の聖母短大は13日、福島市の同短大で卒業式を行った。キャリア教養学科55人、生活科学科の食物栄養専攻34人と福祉こども専攻こども保育コース46人の計135人が、2年間の思い出を胸に式に臨んだ。

 西内みなみ学長が各学科代表の山口結衣さん、香野友希さん、吉田あみさんに卒業証書を手渡し「手にした学位、免許、そして表彰を誇りにし、誰かのために役立ててほしい」と式辞を述べた。各種表彰も行われた。

 山口さんは「先の見えないこの1年を耐え抜いた経験を生かし、これからも多くの試練を乗り越えていく」と謝辞を述べた。

 新型コロナウイルス対策のため保護者の出席は各学生1人に限り、式の様子は動画配信した。