さらば磐梯山!ハクチョウ北帰行 名残惜しそうに猪苗代湖から

 
北帰行を始めたハクチョウ=15日午前、猪苗代町

 猪苗代湖で越冬したハクチョウの北帰行が始まっている。15日には、ロシア北東部を目指す群れが、名残惜しそうに猪苗代湖を飛び立つ姿があった。

 猪苗代湖の自然を守る会代表の鬼多見賢さん(74)によると、猪苗代湖で越冬したハクチョウは約3000羽とみられる。現在は、北帰行の途中で猪苗代湖で休息している群れもいるため、5000羽近くが集まっているという。

 今季は雪が多かったため、北帰行の動きは14日ごろから見られた。昨年より2週間ほど遅いが、平年並みだという。今月下旬に本格化する見通し。