大きく育ってきてね 木戸川漁協、楢葉でサケ稚魚29万匹放流

 
「元気に戻ってきてね」と声を掛けながらサケの稚魚を放流する子どもたち

 木戸川漁協は16日、楢葉町の木戸川でサケの稚魚を放流した。地元の子どもたちも参加し、小さな稚魚が大きく育ち、古里の川に遡上(そじょう)してくることを願った。

 今回は約29万匹を放流した。同漁協が木戸川を遡上したサケの卵からふ化させた稚魚のほか、楢葉南、北小の4年生が飼育した15匹も放流した。小学生が飼育した稚魚を放したのは初めてで、児童らはは氷が入ったペットボトルを活用するなどし、水温を調整しながら育てたという。

 放流には両校の1~6年生約100人と、あおぞらこども園の子どもら約20人が参加した。楢葉南小の児童(6年)は「稚魚が戻ってくるのが楽しみ。元気に育つ環境をつくっていきたい」などと話した。