修明高のミズナが「JGAP」取得 認証は3品目

 
認証を喜ぶ修明高生産流通科の生徒ら

 修明高は、ミズナで農産物の安全性などを管理するGAP(ギャップ、農産物生産工程管理)の国内認証「JGAP」を取得した。認証取得は2月19日付。同校はトマトとリーフレタスの2品目でもJGAPの認証を取得しており、同校の認証取得は3品目となった。

 同校生産流通科の2年生9人が教員からの指導を受け、農場管理や農薬の取り扱いなどを学んだ。

 棚倉町の同校で10日に報告会が開かれ、代表の生徒(17)が「自分たちが育てた野菜がJGAPに認められてうれしい」と認証を喜んだ。