小野高生2人が感染、経路不明 新型コロナ、19日まで学年閉鎖

 

 県教委は16日、小野高(小野町)の男子生徒2人の新型コロナウイルス感染が確認されたと発表した。2人は同じ学年で、いずれも感染経路は不明。同校はこの学年を17日から19日まで学年閉鎖にする。

 県教委によると、1人は小野町在住で、14日に発熱し15日に医療機関を受診。PCR検査の結果、感染が確認された。入院中。県が16日発表した感染者7人に含まれている。濃厚接触者は特定されている。

 もう1人は田村市在住で、14日に発熱し15日に医療機関を受診した。PCR検査の結果、16日に感染が確認された。入院調整中。県の同日の発表には含まれていない。濃厚接触者については保健所が特定を進めている。2人は同じ学年だが別のクラスで、濃厚接触者の関係にはないという。県教委は2人の学年を明らかにしていない。