小野高、新たに3人感染確認 新型コロナ、生徒2人と男性教員

 

 県教委は17日、小野高で新たに男子生徒2人と40代男性教員の計3人の新型コロナウイルス感染が確認されたと発表した。同校では16日までに男子生徒2人の陽性が判明しており、感染者は計5人となった。県は5人の接触状況などを調査中で、現時点ではクラスター(感染者集団)には認定していない。同校は19日まで全学年を臨時休校とし、消毒作業を行う。

 県教委によると、新たに感染が確認された男子生徒2人は田村市在住で、16日までに感染が分かった男子生徒2人と同学年。男性教員は小野町在住で、県教委は感染した生徒との関係は明らかにしていない。

 3人はいずれも16日に発熱し、医療機関でPCR検査を受け、17日に陽性と判明した。県は感染した生徒と同じ学年の全生徒と、関係する教員を対象にPCR検査を行う。