福島県で2人死亡、月最多28人に 新型コロナ、小野高はクラスター

 

 県は18日、新型コロナウイルスに感染して入院していた60代男性が16日に、80代女性が17日に死亡したと発表した。県内の死者は計99人。月別で3月の死者は計28人となり、最多だった1月の27人を上回った。17日までに生徒4人と教員1人の計5人の感染が確認された小野高では県内40例目となるクラスター(感染者集団)が発生したと認定した。

 17日は県内で19人の感染が確認され、感染確認は計2253人となった。19人には県教委が同日発表した小野高の生徒2人と教員1人、南相馬市が発表した30代の男性職員が含まれている。クラスターが発生した小野高について、県は感染した生徒4人と同学年の全生徒74人、接触のあった教職員5人の計79人を対象に検査を進める。

 また、感染が確認された19人のうち3人は太田西ノ内病院(郡山市)の職員と入院患者で、クラスターは計163人に拡大。1人は枡記念病院(二本松市)の入院患者で、クラスターは計41人となった。

 感染者の内訳は郡山市8人、田村市3人、福島市と二本松市が各2人、須賀川市、南相馬市、本宮市、小野町が各1人。県によると、福島市の20代男性は県土木部職員。別の疾患で休職中のため、職場に濃厚接触者はいないという。

 県によると、17日までに9人が退院、1人が宿泊療養施設を退所した。入院者(予定含む)は246人で、病床利用率は52.5%となり、ステージ4(爆発的な感染拡大)の指標である50%を上回っている。重症は14人で、8人が宿泊療養中。