福島県、感染拡大地域との往来自粛要請 新型コロナ食い止める

 

 県は19日、首都圏4都県の緊急事態宣言の解除後も引き続き4都県をはじめとする感染拡大地域との不要不急の往来を控えるよう県民に要請することを決めた。内堀雅雄知事は「感染の再拡大を食い止めなければならない。気を緩めることなく対策に取り組んでほしい」と理解を求めた。

 県感染症対策本部員会議で決めた。県は31日までを「重点対策期間」としており、感染対策が徹底されていない酒類の提供を行う飲食店などの利用を控えることや、歓送迎会、謝恩会、花見などの自粛を求めている。