自転車で磐梯・猪苗代周遊 福島県が5ルート公開、歴史や自然満喫

 

 福島県は19日までに、磐梯朝日国立公園の磐梯・猪苗代エリアを周遊する五つのサイクリングルートを公開した。

 現地に案内板はないが、全地球測位システム(GPS)地図アプリ「YAMAP」を利用すると現在地やルートが表示され、お薦めスポットの通知を受けることができる。

 ルートは初心者向けの15.5キロコースや上級者向けの91.6キロコースなどで、野口英世記念館や磐梯山、猪苗代湖など地域の歴史や美しい自然を満喫しながら周遊できる。

 ルート情報は特設サイト(https://sp.yamap.com/fukushima‐cycle/)から閲覧できる。

 県内の自転車レンタル店や首都圏のサイクリングショップで日本語、英語、中国語のパンフレットも配布する。