昭和からむし織が県内初選定 厚生労働省「地域発!いいもの」選出

 
「地域発!いいもの」に選ばれた昭和村特産の奥会津昭和からむし織

 昭和村特産で国の伝統的工芸品に指定されている「奥会津昭和からむし織」の伝承と後継者育成の取り組みが、厚生労働省の本年度「地域発!いいもの」に選ばれた。奥会津昭和村振興公社が応募した。県内からの選定は初めてという。

 同公社の湯田文則専務は「大変名誉ある選定をいただいた。後に続く人たちが増えるきっかけになればうれしい」と話した。「地域発!いいもの」は、地域で行われているものづくり産業振興や技能者育成などに役立つ特色ある取り組みや制度を募集し選定する事業。2016(平成28)年度から始まり、本年度は七つの取り組みが選ばれた。