6月営業開始へ調整 磐梯町とリオン・ドールが店舗出店協定

 
協定書を交わした佐藤町長(左)と佐瀬専務

 磐梯町とリオン・ドールコーポレーション(会津若松市、小池信介社長)は22日、店舗出店基本協定を結んだ。同社は6月中の営業開始を目標に、町が所有する旧商業施設に出店する。町内唯一のスーパーとなる。

 旧商業施設は2018年3月に閉店した「磐梯ショッピングセンター YOU・ゆー」。町は土地建物を今年3月に取得した。建物は鉄骨平屋で、床面積は約1100平方メートル。一部を改修した上で、同社に貸し出す形で開店する予定。両者は今後、協議を進め契約を結ぶ。

 同社や町によると、売り場面積は約600平方メートルで、雇用は20人前後を検討している。生鮮食料品を中心に取り扱う。コインランドリーやクリーニング店もテナント出店する予定だという。町も町民のためのコミュニティスペースを設ける方針。

 町役場で行われた協定書締結式では、佐藤淳一町長と佐瀬誠一専務が協定書を交わした。佐藤町長は「新店舗が住民生活の向上や交流人口の創出に大きく寄与することを期待する」、佐瀬専務は「コンパクトな店舗でも大型店に負けない品ぞろえを目指したい」と話した。