「仲間と切磋琢磨」決意 県中小企業家同友会、郡山で合同入社式

 
新入社員を代表して決意表明する鹿野さん

 県中小企業家同友会は23日、県内4地区のトップを切って郡山市で合同入社式を行い、出席者が社会人としての一歩を踏み出した。

 同市などの19社から40人が出席。平石秀樹郡山地区会長が「プラス思考で壁を乗り越えてほしい」とあいさつした。先輩社員を代表して儀同潤矢さん(北斗型枠製作所)が激励の言葉を述べ、新入社員代表の鹿野汰朗さん(田村通信防災工業)が「チャレンジ精神を持って働くことの楽しさを知り、仲間と切磋琢磨(せっさたくま)していく」と決意表明した。続いてオンラインで、ビジネスマナーなどについて学んだ。

 合同入社式は25日に会津地区、30日には福島、いわき両地区で予定されている。