東邦銀行、プロスポーツ応援 福島県内3チームと連携を強化

 
連携強化を約束した(左から)大倉社長、佐藤頭取、鈴木社長、宮田社長

 東邦銀行は23日、県内を本拠地とするプロスポーツ3チームの運営会社と連携を強化すると発表した。新年度からスポンサー企業の紹介や集客拡大の支援などを本格化させ、スポーツを通じて地域振興を図る。

 今回はサッカーJ3の福島ユナイテッドFC、日本フットボールリーグ(JFL)のいわきFC、バスケットボール男子Bリーグ2部の福島ファイヤーボンズを連携強化の対象とした。

 東邦銀は県内全域に店舗を置くネットワークを生かし、スポーツや健康などに関心を持つ取引先と各チームのスポンサー契約に向けた橋渡し役を担当。子会社を含むグループ全ての役職員約3000人に試合観戦なども呼び掛け、集客拡大やファン獲得を後押しする。

 佐藤稔頭取、各チームをそれぞれ運営するAC福島ユナイテッドの鈴木勇人社長、いわきスポーツクラブの大倉智社長、福島スポーツエンタテインメントの宮田英治社長が23日、福島市で懇談した。佐藤頭取は「各チームと取引先を結び付け、新たなビジネスや活力につなげたい。スポーツで福島を盛り上げてほしい」と協力を約束した。