大熊の義務教育学校名は「学び舎ゆめの森」 22年4月若松に開校

 
校名「学び舎 ゆめの森」を発表する吉田町長(中央)と木村教育長(右)、吉岡議長

 大熊町の吉田淳町長は23日、会津若松市に来年4月に開校する義務教育学校の校名が「学び舎(や) ゆめの森」に決まったと発表した。同校は2023年4月、同町大川原地区に建設される新しい教育施設へ移転する。新施設には認定こども園も併設される計画で、「ゆめの森」は義務教育学校とこども園を併せた幼保小中一体化施設の名称になる。

 町教委によると、町教委の校名募集に全国から116件の応募があり、町の小学生と教職員が考えた「夢の杜(もり)学舎」を基に校名を決めた。地域住民と一体となって子どもたちを育てる場をイメージし、「学校」「学園」より「学舎」がふさわしいと判断した。「学び舎」「ゆめの森」と平仮名を取り入れることで、柔らかさや温かさ、優しさを表現したという。

 ゆめの森が開校することで、東日本大震災後、会津若松市に移転して授業を続けてきた熊町、大野の両小は長年の歴史に幕を下ろす。両小の卒業式終了後に校名を発表した吉田町長は、両小の閉校を惜しみながらも「(ゆめの森は)何十年たっても色あせない名前。子どもたちが夢を持って生きていけるよう願いを込めた」と話した。開校に向けては「今後、校歌を決めるなど一つ一つ着実に準備を進めたい」と語った。木村政文町教育長、吉岡健太郎町議会議長が同席した。

 町教委は移転するまでに、こども園と、義務教育学校の愛称をそれぞれつける。