「東北デスティネーションキャンペーン」4月3日の式典中止に

 

 JR東日本などは24日、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、福島駅やいわき駅などで4月3日に実施予定だった大型観光企画「東北デスティネーションキャンペーン(DC)」のオープニングセレモニーを中止すると発表した。

 新型コロナの感染拡大で宮城県や山形県に独自の緊急事態宣言が発令されたことを受けた対応。同日に仙台駅を出発し、7日間で東北6県を周遊する特別列車「巡るたび、出会う旅。東北」号の運転も中止する。

 セレモニーでは関係者が東北DCに合わせた特別列車の出迎えや見送りをしたり、テープカットをしたりする予定だった。

 4月1日から開始予定だった東北6県対象のスタンプラリーも、開始時期を4月中旬に延期する。