福島県の聖火リレーはフィナーレ 26市町村の日程終了、栃木県へ

 

 東京五輪の聖火リレー3日目は、この日最後の市町村となる郡山市で24人のランナーが聖火をつなぎ、福島県の聖火リレーはフィナーレを迎えた。

 県内の最終走者を務めた陸上の元五輪代表千葉麻美さん(矢吹町)が同市の開成山公園内の到着式典会場に到着し、聖火皿に聖火を移した。

 25日に始まった県内での聖火リレーは、26市町村265区間全ての日程を終えた。28日からは栃木県で聖火リレーがスタートする。