会津大5G活用、KDDIと協定 ロボット研究遠隔実験促進

 
協定書を交わした宮崎学長(左)と松野副本部長

 会津大と通信大手KDDI(東京都)は29日、最先端技術の研究開発や人材育成を目的とする包括的連携協定を締結した。高速大容量の第5世代(5G)移動通信システムを活用し、ロボットの研究開発などの促進を図る。

 学内に基地局設置

 同社と県内の大学との協定締結は初めて。協定に基づき、KDDIが会津大に5G基地局を設置。5Gを活用することで、これまで通信遅延の弊害が生じていたロボット研究開発の遠隔実験や操作が円滑になるという。

 また、学生のオンライン授業にも5Gを活用し、技術革新を担う人材育成につなげる。オンラインで学生に先端技術を実際に体験してもらう機会を増やしたり、研究に最大活用するための環境を整備する。

 ほかにも、人工知能(AI)の画像解析などによる医療分野との連携や、情報通信技術(ICT)を活用する地域のものづくり企業のデジタル化などへの貢献も図る。

 締結式は同日、会津大で行われ、宮崎敏明学長とKDDIの松野茂樹経営戦略本部副本部長が協定書に署名した。宮崎学長は「5Gを用いた研究開発に積極的に取り組み、地域のニーズに応えていきたい」と語った。