三賞の若隆景、福島県「凱旋」 大相撲春場所、内堀知事を訪問

 
内堀知事(右から2人目)を表敬訪問した大波3兄弟の(左から)若隆元、若隆景、若元春=29日午前、県庁

 大相撲春場所で自身初の三賞となる技能賞を獲得した若隆景(本名大波渥(あつし)、福島市出身、荒汐部屋)ら「大波3兄弟」は千秋楽から一夜明けた29日、県庁を訪れた。内堀雅雄知事に今場所の成績を報告し、来場所での活躍を誓った。

 若隆景は大波3兄弟の三男。長男の幕下若隆元、次男の十両若元春の兄と共に凱旋(がいせん)した。技能賞の表彰状を披露した若隆景は「体が動いて(上位力士相手でも)ひるまず、いい相撲が取れた。来場所も下から上に攻める相撲で上位を目指す」と精進を誓った。

 内堀知事は「3兄弟の活躍が私たちの励みになり、福島に勇気と元気を与えてくれる」とたたえた。

 若隆元は「苦しい場面が多かった。来場所は大勝ちして上を目指す」、若元春は「後半の取組が課題になった。来場所に向けて頑張りたい」と語った。

 訪問後に取材に応じた若隆景は「三賞を受賞して福島に帰ってこられて、すごくうれしい。東日本大震災の10年の節目に、上位で活躍する姿を見せたいと場所前から言っていたので、有言実行できて良かった」と笑顔を見せた。

 昨年末に新型コロナウイルスに感染し、先場所を全休する逆境を乗り越えた。若隆景は「復帰後は体重や体力を戻し、ぎりぎりまでしっかり稽古した」と振り返った。

 祖父は多彩な技で戦後の土俵を沸かせた元小結若葉山。「福島からの応援はしっかり届いている。狙うは祖父を超えること」と新三役を見据え、古里への思いを語った。