時短営業要請を否定 内堀知事、新型コロナ感染対策継続求める

 

 内堀雅雄知事は29日の定例記者会見で、新型コロナウイルス感染拡大に伴う飲食店への営業時間短縮要請について、現時点で行う考えはないと説明した。ただ感染防止対策に対する気の緩みへの懸念を示し「体調が悪いと感じたら早めに休み、病院に行ってほしい」と県民に求めた。

 内堀知事は、花粉症だと思った症状が結果として陽性だった事例が複数あるとし「花粉症かコロナか見極めることは難しい。改めて注意してほしい」と述べた。また県内の感染状況は依然として「第3波」にあると指摘。飲食を伴う大人数での歓送迎会や花見を自粛するよう求め、飲食店などの事業者には「業界ごとのガイドラインに基づく対応を緩めることなく続けてほしい」とした。