いわき市、自転車の交流拠点施設「新設」 いわきFCパーク内

 

 いわき市は8月までに、同市のいわきFCパーク内に自転車文化発信・交流拠点施設を新設する。サイクリングの振興や愛好家らの誘客などを通じて地域活性化につなげる。

 同市で29日に開かれた「いわきスポーツ・サイクルツーリズム推進協議会」の設立総会で明らかにした。同協議会は、市や県、いわき商工会議所などの経済団体、いわきFCを運営するいわきスポーツクラブ、日本パラサイクル連盟、東日本国際大などで構成。市は、施設の運営などを同協議会に委託する方針。

 施設は同パーク1階に設け、観光案内機能も備える。施設完成後は、自転車整備教室や自転車を活用した散策イベントなども予定している。4月中に施設の完成予想図の概要をまとめる。

 協議会は、本年度まで同市が取り組んできたスポーツ大会や合宿の誘致のほか、28日に全線開通した復興サイクリングロード「いわき七浜海道」を活用したイベントなどを開き、スポーツによる地域活性化に取り組む。