福島県内でも「黄砂」観測 かすむ県都、視程6キロまで落ちる

 
黄砂が観測され、「視程」が6キロまで落ちた福島市内=30日午前10時30分ごろ

 大陸からの西風の影響で30日は西日本から北日本の広い範囲で黄砂が確認された。本県でも観測され、福島地方気象台によると福島市では水平方向で見通しが効く距離「視程」が6キロまで落ちた。本県では31日にかけても黄砂が予想され視程が10キロ未満になる所がある見込み。

 屋外で黄砂が付着するなどの影響が予想され、視程が5キロ未満になった場合は交通への障害が発生する恐れがあるとして気象台が注意を呼び掛けている。