福島に古関メロディーが響く!朝ドラ「エール」出演者らの歌声

 
フィナーレに「長崎の鐘」を歌う出演者ら

 朝ドラ「エール」の出演者が参加したコンサート「YELL FES(エールフェス)」が31日、福島市のふくしん夢の音楽堂で開かれた。出演者らが会場に福島市出身の作曲家古関裕而のメロディーを響かせた。古関裕而記念館、同市振興公社の主催、福島商工会議所青年部の共催。

 朝ドラ「エール」で藤丸役を演じた俳優井上希美さんと、歌唱指導を担当したジャズボーカルグループBREEZEが「高原列車は行く」や「とんがり帽子」、「栄冠は君に輝く」などを歌い上げた。

 また会場では、方言指導を行った相樂孝仁さん(須賀川市出身)による福島弁講座も開かれ、福島弁の難しさや温かさを伝えた。フィナーレは参加者全員で「長崎の鐘」を合唱した。