タマネギ風味軽い食感の煎餅 富岡産使い町観光協会が販売へ 

 
宮本町長に商品について報告する渡辺副会長㊨

 富岡町観光協会は、町が農業再生に向け主力品目に位置付けるタマネギを使った煎餅「富岡いい餅(べえ)」を開発した。3日から同町小浜の同協会事務所で販売を開始する。

 商品はタマネギをパウダー状にして県産のうるち米と合わせ、タマネギの風味が香る軽い食感に仕上げた。保存料などは使わない無添加で賞味期限は約3カ月間。価格は1袋6枚入りで300円。

 同協会の渡辺吏(つかさ)副会長が3月30日、町役場を訪れ、宮本皓一町長に商品について報告した。宮本町長は「富岡の名前が付いた商品を町の特産品に育ててほしい」と話した。

 問い合わせは同協会(電話0240・23・7366)へ。