福島県、新型コロナ34人感染確認 男性1人死亡、16人経路不明

 

 県は2日、県内で新たに34人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。1日に陽性が判明し、県内の感染確認は計2555人となった。県内の医療機関に入院していた70代の男性が1日に死亡し、死者は計115人。

 判明しているクラスター(感染者集団)関連の感染はなく、34人のうち16人の感染経路が分かっていない。県によると、3月26日~4月1日に感染が判明した人に占める感染経路不明者の割合は34%で、年末年始の人の往来により増加傾向にあった1月7日以来、約3カ月ぶりに30%を超えた。県は、隣接する宮城県や山形県など感染拡大地域への不要不急の往来を控えるよう求めている。

 県によると、1日までに12人が退院した。1日現在の入院者数(予定含む)は238人。病床使用率は50.7%とステージ4(爆発的な感染拡大)の指標を上回っている。重症は11人。37人が宿泊療養中で、3人が自宅療養している。