ふくしまふるさとフライト、子どもらが体験搭乗 福島空港発着

 
体験搭乗する参加者

 県は3日、子どもたちが福島空港発着で旅客機に体験搭乗する「ふくしまふるさとフライト」を行った。3月から実施してきた事業の最終回。全日本空輸(ANA)フジドリームエアラインズ(FDA)アイベックスエアラインズの計6便が飛び、延べ約400人が参加した。

 この日は2回行い、アイベックスエアラインズの旅客機に約70人が搭乗。沿岸部では福島・国際研究産業都市(イノベーション・コースト)構想など取り組みを伝える機内放送が流れた。福島市の大槻愛海さん(11)は「Jヴィレッジの緑がきれいだった」と声を弾ませた。