フラガールになろう!オンラインスクール5月開校 児童28人募集

 

 常磐興産が運営するスパリゾートハワイアンズは5月6日、同館の専属ダンサーがオンラインでフラダンスを指導する「ハワイアンズフラガールスクール」を開校する。小学生の女子児童28人を募集している。先着順。

 同社は、新型コロナウイルス禍におけるエンターテインメント事業拡大とともに、新たな学びを提案しようと企画した。講師は、ダンシングチーム第13代キャプテンのマプナ佑子さんと第15代キャプテンのモアナ梨江さんが務め、ビデオ会議システム「Zoom(ズーム)」で指導する。

 スクールは、個人レッスンと8人1組のグループレッスンの2コースを設けており、3カ月に1曲のペースで振り付けを教える。1曲終了するごとに、現役フラガールとオンラインで踊ることができ、年2回ほどスパリゾートハワイアンズのビーチシアターで練習の成果発表会も開く予定。

 月額料金は、個人レッスンが1万1000円、グループレッスンが3300円。開校に先立ち、今月6~22日の毎週火、木曜日に無料体験レッスンも実施する。

 申し込み、問い合わせは同社メール(hulagirlschool@hawaiians.co.jp)へ。