「バイオマス発電」運転開始 いわき・小名浜に国内最大級施設

 
営業運転を開始した小名浜バイオマス発電所

 産業ガス大手のエア・ウォーター(大阪市)と中国電力(広島市)が共同出資する「エア・ウォーター&エネルギア・パワー小名浜」が、いわき市小名浜に整備を進めていた「小名浜バイオマス発電所」が完成した。木質バイオマスの専焼発電所として国内最大級の施設で、6日に営業運転を開始した。

 発電事業は、東日本大震災で製塩事業の操業停止を余儀なくされた日本海水小名浜工場の土地の有効活用のため計画された。発電規模が国内最大級となるほか、発電効率も最高レベルという。出力は7万5千キロワットで、年間発電量は一般家庭約10万世帯の年間消費量に相当。全量を東北電力ネットワークに売電する。

 燃料に使う木質ペレットは北米や東南アジア、ヤシ殻は東南アジアから同市の小名浜港に輸入している。

 伊奈正弘取締役発電所長は「安全第一に、地域と社会に貢献する発電所としたい」と話した。